background

飛騨牛サンド

飛騨牛サンド 美味しいサンドイッチランチ ▼

シェフの故郷「飛騨高山」から直送の『飛騨牛』を薄切りにし食べやすく仕上げました。ひとつはゲランドの塩と黒胡椒で飛騨牛の旨さをストレートに、もうひとつは特製ダレで味わい深く、2つの味でお楽しみいただけます。




ピエス・ドゥ・ミュゼ シェフより

飛騨牛をシンプルに軽くソテーして、ひとつはゲランドの塩と黒コショウでシンプルに、もうひとつは特製ダレで肉の旨みを際立たせました。


直伝レシピ

<生パン> マスタードバター (写真下)
1. レタス 10g
2. ルッコラ2枚( 茎は2cmにちぎり散らす、葉は小の字に置く)
3. ソテーした飛騨牛1/2(50g)
4. ローストビーフのタレであえる
<焼きパン> アンチョビバター (写真上)
1. レタス 10g
2. ルッコラ2枚( 茎は2cmにちぎり散らす、葉は小の字に置く)
3. ソテーした飛騨牛1/2(50g)
4. ゲランドの粗塩
5. ブラックペッパー
※ 飛騨牛を粗めにカットして、塩、黒胡椒、ガーリックパウダー、オニオンパウダーをふる
※ さらに包丁でカットして混ぜ合わせる
※ フライパンを強火にし、カットした飛騨牛を焼く(多少レアーでもOK)

※ 「飛騨牛」は、岐阜県で飼育された黒毛和種の中でも、特にきめ細かな霜降り、すぐれた風味を持つと評価された牛肉のみに与えられる銘柄です。シェフの地元「飛騨(高山)」で、血統と品種、さらに安全な飼料にこだわり、丹精込め育て上げられた飛騨牛。

<PR>
南大沢近くのランチが美味しいカフェ ピエス・ドゥ・ミュゼ | ハムマリネ風サンドイッチ
子供の幸せを喜べない毒親
毒親育ちの特徴!人を信用できない度チェック
子供を脅迫する毒親